野菜ソムリエの「あいちの伝統野菜」

dentou2008.exblog.jp

・・・・種から国産をめざして・・・・

愛知県が認定した伝統野菜の保存・継続は
  「あいち在来種保存会」が支援しています。


              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 最新更新日  2017.3.25(土)



自らの手で在来種を採種し
      採種し、育てる状況を報告します。




● 今から50年前には栽培されていたもの
● 地名、人名がついているものなど愛知県に由来しているもの
● 今でも種や苗があるもの
● 種や生産物が手に入るもの

以上4つの定義を満たす35品種の野菜が、「あいちの伝統野菜」として愛知県より選定されました。
 こうした野菜を歴史的・文化的遺産として見つめるだけでなく、再び身近な野菜として目をむけ・触れ・食べることを通して「種まで国産」の大切さを実感できる仲間づくりを。


b0155335_1016362.jpg
b0155335_10122998.jpg
b0155335_10133197.jpg
b0155335_1014235.jpg







・・・・・・【参 考】・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あいち在来種保存会
代表世話人 高木幹夫 
         総合経営コンサルタント(有)いちゆう 代表取締役
         岐阜県立国際アカデミー 非常勤講師
         日本野菜ソムリエ協会 講師
         
2013年7月28にスタート。
カロリーベースでの自給率についてはマスコミ等々に登場する機会は多いですが、種子の
自給率については報道量も少なく無関心状態にあります。
実体として日本で販売されている種子の90%近くが海外で生産されている現状があります。
一度、購入される種子袋の裏面の生産地をご確認ください。

こうした現状は種子メーカーさんの優良農産物確保のために研究・開発されたF1種(一代
交配種)生産の成果でもあります。

京野菜、加賀野菜などを継続生産するために海外で採種されたF1種子が占めている現状
のなかで「種から国産」の伝統野菜栽培を理念にした組織が「あいち在来種保存会」です。

「あいちの伝統野菜」に認定された35品目を絶やすことなく、またF1種ではなく地元で採種作
業を続けている組織です。

多くの仲間が参加し、種子保存に協力しています。
b0155335_17341585.jpg

[PR]
# by somurie2008dentou | 2017-12-31 00:00 | 全体 | Trackback | Comments(4)

育苗③

愛知縮緬かぼちゃ&天狗なす
b0155335_1594817.jpg
b0155335_1510392.jpg
[PR]
# by somurie2008dentou | 2017-03-25 15:10 | 天狗なす | Trackback | Comments(0)

育苗②

2010年採種「愛知縮緬かぼちゃ」

3月5日播種した伝統野菜「愛知縮緬かぼちゃ」の鉢上げ前移植。昨年、異品種と交配してしまった種で作付け、収穫物の6割以上が「らしからぬ縮緬かぼちゃ」で大失敗。途絶えかけた種子も「2010年産種子」が無事発芽。結実してみなければ分からない種子。
今年は大丈夫かな(笑)
苗を取りに来てくれる方、お分けします。「あいちの伝統野菜」栽培にチャレンジしてみて下さい。
b0155335_15461347.jpg
[PR]
# by somurie2008dentou | 2017-03-21 15:46 | カボチャ | Trackback | Comments(0)

育苗①

苗作りのシーズンが到来です。
「天狗ナス」と「愛知本長ナス」、そして定番の「愛知縮緬カボチャ」が無事に発芽。
昨年度はカボチャで大失敗。異品種と交配してしまっていて結実した果実のうち6割近くが「らしくない縮緬カボチャ」でした(涙)。
ついに途切れるかと思ったら大治町で元となる「砂子カボチャ」を見つけた仲間から種子をゲット。
そして原種として保存していた2010年産の種も発芽しました。まもなくポットに移植作業です。
「十六ささげ」、「白花千石」、「渥美白花絹さやエンドウ」、「落瓜」とこれから種播き爺さん頑張ります。
b0155335_1884374.jpg
[PR]
# by somurie2008dentou | 2017-03-16 18:03 | 天狗なす | Trackback | Comments(0)

養父早生タマネギ

採種

納屋には今年収穫した採種用母球がぶら下げ10月の定植に備えます。
水分の多い品種のため腐りやすく500球保存しても残るのは100球そこそこです。
採種圃場を覗いてみたら何と同じように昨年収穫、保存、10月に定植していた母球が既にボンボリがちらほら姿を見せていました。夏前には採種可能になります。
b0155335_19255118.jpg



b0155335_19263229.jpg
[PR]
# by somurie2008dentou | 2017-03-07 19:27 | タマネギ | Trackback | Comments(0)

第14回「旬感in知多半島」

b0155335_19391252.jpg
[PR]
# by somurie2008dentou | 2017-03-05 19:39 | 「食」イベント | Trackback | Comments(0)

加工品

まぜごはんの素!

b0155335_1530355.jpg
あいちの伝統野菜「木の山五寸にんじん」を使用。
いったいどんな味がするのだろうか。
なんといっても野菜ソムリエ仲間の山口茂樹さんが生産されたニンジンだから……、
甘ぃい~だろうね(笑)
b0155335_1521471.jpg



b0155335_15183567.jpg
[PR]
# by somurie2008dentou | 2017-02-26 15:14 | ニンジン | Trackback | Comments(0)

NHKラジオ

本日、20日(月)17:00~のNHKラジオ「ゴジらじ」。久々にメディアに取り上げられてもらえる「愛知の伝統野菜」。
京野菜や加賀野菜、江戸東京野菜などのブランド野菜に比較して滅茶苦茶マイナーな野菜で
愛知の皆さんも「何これ?」と首をかしげてしまうほどです。地元ならではの旬を教えてくれる伝統野菜……、ガンバ!
b0155335_1052135.jpg
[PR]
# by somurie2008dentou | 2017-02-20 10:48 | 記事 | Trackback | Comments(0)

愛知白早生たまねぎ②

「旬」の盛り

b0155335_152646.jpg
[PR]
# by somurie2008dentou | 2017-02-17 15:26 | タマネギ | Trackback | Comments(0)

収穫作業

播種から収穫の方領ダイコン

昨年から近場の保育園さんとコラボレーションの英才教育(?)。
昨年の10月半ばにタネ蒔きしてくれた園児が収穫に。
播種、収穫したのはもちろんろん愛知の伝統野菜「方領ダイコン」です。寒風の中、徒歩20分以上かけて畑に来てくれました。
方領ダイコンと並んで育てている伝統野菜「碧南鮮紅五寸ニンジン」も収穫。
一般的にやっている芋掘りではなく園児が採種穂から種を籾すりし、その種を播種、そして収穫という一貫教育(笑)なんです。
保育士さんともども今日はお疲れ様でした。
                         
b0155335_10291361.jpg















【写真提供;あいち在来種保存会】
[PR]
# by somurie2008dentou | 2017-02-03 10:23 | ダイコン | Trackback | Comments(0)

養父早生たまねぎ

早くも黄色種の新たまねぎ

タマネギ産地では早出しに適した「白色種」から栽培のし易さと収量が多い甲高の「黄色種」に移り変わってきました。
昭和41年以降から「養父早生たまねぎ」が新たまねぎの主要品種の一つとなりました。F1(一代交配)種が多い品種のなかで在来種の「たま坊」として葉付きで販売されています。
b0155335_17584527.jpg
[PR]
# by somurie2008dentou | 2017-02-01 17:59 | タマネギ | Trackback | Comments(0)

愛知白早生たまねぎ①

「旬」のはしり

明治時代の中期、愛知県に導入された試作品種のなかで「白色種」が早生早出し用として
普及しました。
大正年代から知多郡横須賀、八幡地方(現在の東海市)に「白早生」(後の「愛知白早生たまねぎ」)として栽培されるようになりました。「白早生」はイエローグローブバース系統の「黄色種」と比べ早期出荷が可能な事から、昭和戦前・戦後を通じて昭和40年ころまで東海市を中心とした知多半島の特産として広く栽培されるようになりました。
今が旬、東海市養父地区で収穫真っ最中です。
b0155335_17525466.jpg
[PR]
# by somurie2008dentou | 2017-01-26 17:56 | タマネギ | Trackback | Comments(0)

雪の下にんじん(?)

久々の積雪
b0155335_16475618.jpg
想定外の雪化粧もいいけれど野良仕事には雨以上に厄介。当分、畑に入れません。
豪雪(?)地区の伝統野菜「木の山五寸ニンジン」としましょう。
b0155335_16472214.jpg
[PR]
# by somurie2008dentou | 2017-01-16 12:49 | ニンジン | Trackback | Comments(0)

愛知早生ふき

愛知を代表する伝統野菜

「あいちの伝統野菜」として認定されている35品種。その中で在来種であり全国生産量No.1の愛知早生ふき。
知多半島でのフキ栽培の歴史は古く、明治35年頃に現在の東海市で始まりました。
最初の頃は藁(わら)やコモなどで覆い霜よけ栽培をしていました。
昭和33年には有孔ポリエチレンフィルムを使用した被覆栽培が始まり、2月下旬からの収穫が可能となりました。
昭和40年代になると、株を冷蔵する「株冷蔵栽培」の技術が確立され、抑制栽培、促成栽培、露地栽培など様々な
作型の技術が確立されました。
現在では、10月上旬から翌年の5月中旬までの長期間に渡って収穫が続けられるようになりました。
b0155335_1115468.jpg
b0155335_11343032.jpg









フキは香り良く、ほろ苦い風味がとても美味しいですが「あくが強い」、「皮をむくのが非常に面倒」とか「色が黒くなる」とか様々な理由で敬遠される食材の一つです。季節を感じさせる簡単フキ料理に挑戦。
[PR]
# by somurie2008dentou | 2017-01-02 10:47 | あいち早生ふき | Trackback | Comments(0)

採種圃場

知多3号タマネギ④

今年の6月下旬に収穫した知多3号タマネギから母球を選抜、10月半ばまで保存して定植。
順調に生育し、母球は4~6球ほどに分ケけつしました。春先に抽苔し開花し採種となります。
病気がでないように!
b0155335_1639597.jpg
b0155335_16392499.jpg
[PR]
# by somurie2008dentou | 2016-12-30 12:39 | タマネギ | Trackback | Comments(0)

お正月専用

餅菜(正月菜)②

愛知県周辺で昔からのお雑煮に入れるのが「餅菜」。
お餅と餅菜を一緒に食べるのが習わしで、「名(=菜)を持ち(=餅)上げる」という
縁起担ぎだったといわれています。
最近ではお正月が近づくと小松菜が「正月菜」として店頭に並んでいます(笑)
小松菜と違って「餅菜」は茎の根元から葉がついているのが特徴です。
b0155335_1681260.jpg
[PR]
# by somurie2008dentou | 2016-12-26 16:07 | 餅菜・大高菜 | Trackback | Comments(0)

晴天

タマネギ「知多3号」の定植

毎年、寒風下での定植作業ですが今年は風もなく日差しがさす中での作業です。
3日前の雨で所どころにぬかるみがありましたが無事作業完了。
来年6月の下旬が収穫予定です
b0155335_15445830.jpg

b0155335_15452814.jpg
[PR]
# by somurie2008dentou | 2016-12-26 15:51 | タマネギ | Trackback | Comments(0)