野菜ソムリエの「あいちの伝統野菜」

dentou2008.exblog.jp

早生とうがん

白い粉がふいたら熟した証

この品種の原産は韓国といわれます。
日本では、特に愛知県尾張地方で古く明治時代から栽培されてきました。果実は1.5kg~3kgとなり、ずっしりと重い実は、白い粉がふいたら熟した証。最近では品種改良され、小ぶりのものが主流ですが伝統野菜の冬瓜は大きめです。そのため、戦後の食糧難の時代に重宝されていたそうです。
果肉は柔らかくて水分が多く、特有の風味があります。貯蔵性があり、いろいろな料理に利用できるヘルシー野菜とされていますが最近ではほとんど見かけることがなくなりました。

b0155335_20403933.jpg
[PR]
トラックバックURL : https://dentou2008.exblog.jp/tb/27057608
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by somurie2008dentou | 2017-08-18 20:40 | とうがん | Trackback | Comments(0)